東西南北 手作りの「お風呂」をお届けします!~風呂職人に一日弟子入り。老舗温泉旅館さんへの配達奮闘記~

 4月某日、サクラの花も満開の日。ご注文を頂いた浴槽を温泉旅館さんへ納品に行くというのを聞いて、
心ウキウキ♪返事も聞かずに無理矢理トラックへ同乗!弟子入り気分で同行した配達奮闘記です。

職人 : 明日は児島(岡山県)へ納品があるき、行ってきます。
弟子A: え~~、いいなあ。瀬戸大橋渡って行くんでしょ?(もう行く気マンマン!)
職人 : お前は賑やかやき(ウルサイから)、連れて行かん!(すでにお見通し!)
弟子A: え~っっ!!一人じゃ寂しいじゃないですか。是非お供を!!(ちょっと媚気味)
職人 : 遊びに行くんじゃないぞ!仕事・仕事!!(・・・と言いつつ顔はニンマリ)

朝会社に行くと”やっぱり来たか・・・”という顔!そんな顔しても怖くないも~ん♪
無理矢理!缶コーヒーをワイロにトラックへ同乗!一路岡山県・児島へ納品に向かいました。

  由加温泉に着きました! ・・・仕事するより温泉に入りたかった・・・
 
 瀬戸中央道・水島ICから約10kmほど。由加山の静かな雰囲気の中に今回浴槽をご注文頂いた
 「由加温泉ホテル 山桃花(さんとうか)」さんがあります。
 
 弟子A: でっかいキレイなホテルですね~。私は館内の取材してきます♪(好奇心旺盛!)
 職人 : アホか!(一蹴!!) 今日の仕事は”お・ふ・ろ”!。遊びじゃないぞ!(でも目は建物にクギづけ)
       こんなホテルで使ってもらえたら、やっぱり職人としてはウレシイのう~(満足げ!)
       さあ、仕事するぞ!(・・・えっ??もう???)

 職人と共に山桃花さんの露天風呂改修現場へ! 現場では着々と改装工事が進行中でした。
  着々と露天風呂も改修工事が進んでいます!   ~職人と共に直接現場まで配達いたします~
まずは納めさせて頂く浴槽をトラックから降ろしますが、大きい浴槽なので男性4人がかり。 今回は個室専用露天風呂用の浴槽もあり、直接改装中のお部屋に搬入させて頂きました。 個室専用の浴槽は直径1メートル20センチの大きな浴槽。お部屋の入り口から搬入するのも一苦労! やっとのことで仮置きの場所へ。男性4人でも相当な重さ。慎重に運び込みました。
施工を担当して頂く工務店さんにも、設置の際の浴槽の向きや置き方など、職人と直接確認して頂きます。 露天風呂デビューまであと少し。その日を待つ浴槽君たち。少しでもお客様に喜んで頂きたいと思います。 この方が「由加温泉ホテル 山桃花」取締役支配人の槙尾さん。改修現場は必ずチェックされているそうです。 改修現場の細かい所まで確認。露天風呂の設置場所や浴槽の使用方法など、ご説明させて頂きました。

 納品後改めて「由加温泉ホテル 山桃花」支配人の槙尾さんに風呂職人と一緒にご挨拶させて頂きました。
 
 山桃花さんの露天風呂は2008年4月18日(金)からオープン予定とか。入浴と食事の付いた「日帰りプラン」
 もあるとの事。お近くの方は是非一度”ゆったり・まったり”日帰り温泉を楽しんでみてはいかがですか?
 ◇由加温泉ホテル 「山桃花」 さん ホームページ→http://www.santo-ka.com/index.html

 今回はお忙しい中、館内など取材のご協力を頂き、本当にありがとうございました。


                   編集後記 ~ 担当者の独り言 ~

 山桃花さんの館内は広々としてとってもキモチ良かったです^o^/ 一生懸命頑張って仕事して、
 いつかは山桃花さんの露天風呂に入りに来たいな・・・と思う担当者でした。

 搬入日、その日勤務初日を迎えたピカピカのスタッフさんをパチリ^o^v 恥ずかしそうに撮影にも
 協力してくださいました。・・・初々しいなあ~と微笑ましく感じました。

 山桃花ホテル支配人の槙尾さん、副支配人の林さん、お忙しい中取材のご協力を頂き、本当に
 ありがとうございました。いつか社員旅行でお伺いしたいです♪ その節は宜しくお願いします!


pagetop